杠葉病院 > 診療科目 > 一般歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

一般歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

時間・曜日

祝祭日及び年末年始は休診日

○・・・午前9:00〜12:00、午後13:00〜17:00
△・・・月2回(第2、第4土曜日) 午前9:00〜12:00、午後13:00〜17:00

診療台  杠葉病院では歯科治療室が併設されております。入院患者様の口腔ケア、摂食嚥下指導、一般歯科治療を行うとともに、外来患者様の 一般歯科治療、レーザー治療、難抜歯・埋伏抜歯(親知らずや過剰歯など)、顎関節症、矯正歯科治療、唇顎口蓋裂、顎変形症の患者様の 矯正治療を行っております。
 また、重度身体障害者更生援護施設「大瀬戸厚生園」身体障害者療養施設「光明園」への訪問歯科治療、他の障害者施設からの歯科治療 の依頼も承っております。

歯科医師(常勤) 田中隆一 厚生労働省 臨床研修歯科医 指導医
日本矯正歯科学会 指導医・認定医
日本矯正歯科学会代議員
九州矯正歯科学会評議員
長崎県歯科医師会ITアドバイザー
歯科医師(常勤) 田島秀人 日本大学松戸歯学部口腔外科学講座非常勤講師
日本口腔外科学会会員
日本口腔科学会会員
日本口腔内科学会会員
歯科衛生士(常勤) 2人  

治療内容

外来

一般歯科治療

|郢の治療

 虫歯の範囲が小さい場合は、プラスチックの白い詰め物をします。虫歯が深い場合や範囲が広い場合は、削って型を採り金属の詰め物をします。虫歯が大きく神経に達している場合は、神経を除去する処置をし、その根の上に土台を立て更にその上に被せ物をします。

欠損治療

 虫歯や歯周病が原因で歯を抜かなければならないことがあります。その場合、抜けたところを放置すると噛み合わせのバランスが崩れ、よく噛めなくなったり、他の歯に汚れが溜まりやすくなったりします。そのため抜けた箇所を人工的な歯で補う必要があります。

 固定で補う治療がブリッジ、取り外しで補う治療が義歯(入れ歯)となります。

歯周病治療

 成人のほとんどが罹患するといわれている歯周病、いわゆる歯槽膿漏です。歯周病を治す、改善する、良い状態を維持することが歯周病治療です。歯磨き指導や歯石をとるクリーニングも治療の一部です。

 最近では、口腔内細菌が原因でおこる病気がいくつかあり、誤嚥性肺炎、感染性心内膜炎、敗血症、妊娠異常、糖尿病などがいわれております。

 歯周病治療の一般的な流れを以下に示します。

1. プラークコントロール

 現在の口腔内の状態を把握し、医師、衛生士より患者様に合ったプラークコントロール法を指導します。

2. スケーリング

 超音波スケーラーや手用スケーラーで歯肉の上の歯石を除去します。

3. 再評価

 この時点で歯肉の状態がどの程度改善されているかチェックし、結果が良好であれば、専用器具を用いて仕上げ磨きを行い、以後、定期的な検診で状態をみていきます。
歯肉の状態に改善がみられない場合、局所麻酔を行い、歯肉の下に潜んでいる歯石を除去します。その後また再評価を行います。

4. 歯周外科

 以上の処置を施しても良好な結果が得られない場合は、外科的な処置を施す場合もあります。

5. メインテナンス

 歯周病治療は健康な歯肉を維持していくことが大切です。そのため、定期的な検診と医師、衛生士により仕上げ磨きが大事になります。

歯科口腔外科

“柑

 虫歯や歯周病により抜歯が必要となった時に行います。当院では口腔外科出身の医師のもと、有病者における抜歯も行っております。(血の固まりにくくするお薬や骨粗鬆症のお薬を飲んでいる患者様の抜歯など)。
 また、親知らずの抜歯や難抜歯症例につきましても、随時対応しております。さらに、当院にはCTスキャンを完備しているので、親知らずと顎の骨の中にある神経との関係も精査が可能となっております。

顎関節症

 顎の関節に痛みや違和感がある場合、必要に応じて噛み合わせの調整や筋肉のマッサージ、マウスピースの作成を行っております。

その他

 嚢胞、腫瘍、炎症、外傷など様々な症例に対して対応しております。当院は長崎大学歯学部附属病院口腔外科と連携をとっており、症例に応じて紹介もしております。

病棟

口腔ケア

 入院患者様それぞれの歯ブラシを準備し、口腔粘膜には専用のスポンジブラシを用いて口腔清掃および義歯清掃を行っております。

診療は予約制です。電話ご予約ください。急患は随時受け付けます。

電話:095-878-3734


個人情報保護方針 お問い合わせサイトマップ
杠葉病院 〒850-0975 長崎県長崎市三和町413番地
Copyright(c)2009 Yuzuriha Hospital All rights reserved.